ネコザメについて掘り下げるの巻

 


  • ダイビングポイント/富戸ヨコバマ
  • コンディション/穏やか
  • 気温/20℃
  • 風向き/北
  • 水温/17℃
  • 透明度/8~12m
  • 写真の生物・イベント/ネコザメ

こんにちわ!!拓也です!

先日この夏を迎えるにあたってテントを買いました。

しかし購入当日は雨、、、我慢できずに寝室にテントを張って過ごしています。

ビニール生地の「カサカサ」とした音と出入り口のファスナーの「ヴヴィイイーー」の音に大興奮、寝れない!

ご満悦です。

テントにハンモック、オイルランタンの明かりでBBQ。

お酒と楽器と。。暖かい季節の外遊びを考えるだけで幸せ!!!

キャンプとかどうですか?1泊2日ダイブサファリ!テントでキャンプ!あー、それですね、それそれ!やりましょう。

あと昨日初めて映画「カリオストロの城」を見ました。人生損してました。

と!いうわけで!(?)今日は最近毎日観察できているテトラのネコザメ!

ネコザメについて学んでみましょー!!!

 

伊豆 ダイビング 城ヶ崎インディーズ ネコザメ

ネコザメ目ネコザメ科のネコザメ もう生粋のネコザメです。

英名は Japanese bullhead shark ジャパニーズ!!なんと日本近海固有種!

厳密には朝鮮半島や東シナ海でも見られるそうです。でもジャパニーズ!ちょっとうれしい!

成魚はどんどん頭が大きくなり牛のようだと「bull head」という英名。もう牛なんだか猫なんだか、、、あ、サメか。

食べ物はサザエやウニや甲殻類など、バリバリと殻を噛み砕いて食べます。

歯はこんな感じ

nekozame ha

(web上から拝借)

サメの歯を部屋に飾ったりしてるお店なんかも見かけますが、これはちょっと飾らないですねー。渋すぎ

ヨコバマを潜っているとあちらこちらでサザエの殻が割れている状態で転がっています。気にして見てみてくださいな!

そんな生体から別名「サザエ割り」とも呼ばれるそうです。安直な、、、

僕の名前は矢北拓也です。別名は「お米食べ」です。みたいな感じでしょうか

 

夜行性で昼間はのぺーんと岩陰などでゆっくりしていることが多いです。

伊豆 ダイビング 城ヶ崎 インディーズ ネコザメ

今ヨコバマで観察できている個体はテトラポッドの穴の中でのんびりー

PC221446

たまに日中もお出かけするみたいですが、基本的には夜行性

昼間は寝てばかりで夜になると活発に出かけるなんて、ギャルかよ!

夜の海で見かけたら怖いですよねーこんなん

 

そしてとっても特徴的なのは卵!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(またまたwebより拝借)

完全にドリルですね。産むとき痛そう、、順ねじになってますね。お間違えの無いよーに!!

 

てなわけで本日はネコザメについて少し詳しくお話ししてみました。

ブリーフィングやログ付けで同じような話をすることもあると思いますが

「あ、その話ブログで見ましたー。」みたいな野暮な事言わないでね☆笑

不思議も魅力もいっぱいなネコザメ、好きになっていただけたでしょうか?

実際に見にきてあげてくださいねー!!!

 

Follow me!

2016-04-23 | Posted in Blog, 海のコンディションNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment