当店のこだわり アルミシリンダー使用の訳

 

城ケ崎インディーズこだわりのアルミシリンダーのお話しです。

ダイバーの皆さんご存知ですね

シリンダー材質は2種類 アルミ と スチール

画像手前が10Ⅼアルミシリンダー 奥が10Ⅼスチールシリンダーです

wp-1468709643274.jpeg

夏のウエットスーツのシーズンは当店はアルミシリンダーを使用します。

アルミシリンダーは水中での重量がスチールシリンダーに比べ軽いため、ビギナーダイバー 体験ダイバー もちろんダイビングスクール参加のダイバーの皆さんにとって水中でバランスが取りやすく、安定した水中姿勢を維持することが出来ます。

逆にアルミシリンダーを使うデメリットもあります。

スチールシリンダー使用時よりも2kg程度のウエイト増量が必要になることです。

出来るだけ少ないウエイトで潜る事を優先するとシリンダーはスチールを選択することになります。

当店では水中重量とバランスを重視し、あえてアルミシリンダーを使用しています。

スタッフのウエイト運搬は大変ですが若いから大丈夫。

初心者ダイバーはアルミシリンダーが格段に潜りやすいと私達は確信しています!

こだわりって重要ですよね!

wp-1468709816500.jpeg

●この記事は私が書きました

kojiyakitaフリーダイビングで30mにチャレンジが目標!

『矢北 浩司』:潜水歴38年、インストラクター歴33年【潜水士・日本安全潜水教育協会事務局・PADIインストラクターNo.800376・SSI No.0101J. NAUI. IANTDインストラクター・水難学会着衣泳指導員・アメリカ洞窟学会フルケイブダイバー・1990年SSIプラチナプロ5000日本人初受賞】

 

 

 

Follow me!

関連記事

Comment





Comment