自分の適正なウエイトはどのくらいなんだろう?

先日はインディーズのこだわりアルミシリンダーのお話でした

では、適正なウエイト量はどう決定すれば良いのか ・・・

 

インディーズで準備しているウエイトは1kg 1.5kg 2kg の3種類です。

特に1.5kgウエイトは重要ですね!

wp-1468709752292.jpeg

レンタルウエットスーツは5mm厚のフルスーツです。

アルミシリンダーを使用の場合の目安は….

個人差はありますが、女性で4kg~6kgのウエイトが必要ですね、

男性では5kg~7kgってところでしょうか。さらに当店は夏でもフード付きベストレンタルをお勧めしていますので、その場合1kgは追加が必要です。

ウエットスーツを【レンタル】されてる方は、毎度の装着ウエイト量を相談されるか、過去のログデーターを参考にされるのが良いでしょう。

そこで、ウエイト量で知っておきたい重要ポイントは、アルミシリンダーとスチールシリンダーの必要ウエイト量の差です。

スチール使用時の2kg増しがアルミシリンダー使用時の目安ですよ

スチールシリンダー使用時の適正ウエイトは潜降時に息を吐き切れば沈める程度が適量と判断して良いでしょう。アルミシリンダーはダイビング終了時のシリンダーのプラス浮力になる特性を考慮し、浮上前の5m前後で安全停止が浮き気味で困難にならないウエイト装着が適正ウエイトだと思います。

アルミシリンダー使用時は最初の潜降時にかなりスムーズに沈めないと適正なウエイト量ではないと言えますね。

ご自身のウエットをお持ちの方は。アルミシリンダーの時、スチールシリンダーの時、フードベスト等のインナーを重ね着された時、それぞれのウエイト量を知っておく必要があります。

さらに、重要なポイントがあります。ウエイトは左右均等な重さにすることです。そこで便利なのが1.5kウエイトですね!

5kgや7kgを装備したい場合1.5kgウエイトを使い左右均等な重さに設定して下さい。片側2kg片側3kg等に設定すると重い方に傾いてしまいますよ。

プラスして当店のこだわりは、500g単位のソフトウエイトを使用します。若干のウエイト増量調整は500gウエイトをシリンダーバルブの根元に取り付けたりします。腰に4kg+シリンダーバルブに500g×1 合計4.5kgの設定や、BCDに500g×2 合計5kgの設定も可能。

500g単位の調整も大切ですよ。

 

 

wp-1468709778550.jpeg

当店のウエイトへのこだわりのご紹介でした!

こだわりって重要ですよね!

●この記事は私が書きました

kojiyakitaフリーダイビングで30mにチャレンジが目標!

『矢北 浩司』:潜水歴38年、インストラクター歴33年【潜水士・日本安全潜水教育協会事務局・PADIインストラクターNo.800376・SSI No.0101J. NAUI. IANTDインストラクター・水難学会着衣泳指導員・アメリカ洞窟学会フルケイブダイバー・1990年SSIプラチナプロ5000日本人初受賞】

 

 

Follow me!

関連記事

Comment





Comment