陸海全域の安心安全に全力で取り組みます。感染防止対策を取り入れた新しいダイビング様式。

約70日間の営業自粛 長かったです。

海に、潜りたくて、潜りたくて、我慢も限界のダイバーの皆様。

お待たせいたしました。

6月19日より受け入れ地域制限を設けず営業いたします。

スタッフスーツも準備万端。袖を通すのが待ち遠しかったです。

慎重に、密を回避し、感染防止対策に心がけダイビングサービスをご提供致します。

ご不便をおかけする場面も多くなりますが、皆様のご協力よろしくお願い致します。

以下、弊店感染防止対策


☆三密を避ける対策及び感染防止対策
弊店はダイビングポイントに徒歩で移動できるメリットを生かし、不特定多数のダイバーとの密集を避けるために、2ダイブ後昼食をとって頂くチームや、ダイブとダイブの間に昼食をとって頂くチームを状況によってスケジュール時間差や振り分けを行い、休憩やランチタイムは可能な限りに屋外をご利用頂く等をご案内し、混雑しているタイミングと、場所を回避します。
・ご参加の皆様全員に検温(非接触体温計)告知書の記入のご協力をお願い致します。
・飲料用マイボトル、タオル(無料貸し出しもご準備ございますが原則ご持参ください)、屋外で私物を管理(マスク、マイボトル等)できるジップロックや防水バックはご準備ください。
感染防止対策は書面で準備しております。対策ご案内とご協力のお願いを遵守し開催致します。

☆消毒、滅菌対策
塩化ベンザルコニウム0.1%溶液、エチルアルコール70%溶液、塩化次亜塩酸ナトリウム0.1%溶液を(レンタル器材、手指、室内建具テーブル、ドアノブ、トイレ等)使い分け、消毒、除菌を実施いたします。

●この記事は私が書きました

kojiyakitaフリーダイビングで30mにチャレンジが目標!

『矢北 浩司』:代表取締役、潜水歴40年、インストラクター歴35年【潜水士・NPO日本安全潜水教育協会事務局・PADIインストラクターNo.800376・SSI No.0101J. NAUI. IANTDインストラクター・水難学会着衣泳指導員・アメリカ洞窟学会フルケイブダイバー・1990年SSIプラチナプロ5000日本人初受賞】・JCUE認定アンダーウオーターインタープリター資格

 

 

 

 

 

 

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP